来館予約

 

2019年05月27日

前撮りをおすすめする5つの理由

こんにちは!
ヴィラドナチュールの公式ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。本日は結婚式当日とは別日でお写真を撮影する「前撮り」についてお話しようと思います。
 

挙式当日はゲストとゆっくりしたい

結婚式をご検討中の方やご予定の方とお話していると必ずと言っていいほどご新郎ご新婦様が大切にしたいと思っていること。それは「ゲストとゆっくり過ごしたい!」ということです。
もちろん「素敵な衣装を着たい」「おいしい料理を楽しんでもらいたい」などのご意見もあるのですが、お時間がゆっくり取れるのかというのは皆さん気になるみたいです…
 
 

時間をかけて思い出作り

当日少しでもゲストの皆様と過ごす時間を多くする為にオススメなのが「前撮り」なんです!お気に入りの衣装でのお写真を別日で撮影することでより納得のいくお写真が残せますし、当日はゲストの方と一緒に居られるお時間を増やすことができるんです。

 

当日とは違う衣裳を着られるチャンス

花嫁の特権である「婚礼衣裳を着る」をめいっぱい満喫するのにも、前撮りは有効です。当日とは違うデザインのドレスを着たり、和装に挑戦してみたり。特に和装姿は普段の花嫁の印象からぐっと変わるので、この機会を逃すのはもったいないと思います。

 

反応No1はやっぱり写真展示

結婚式当日のウェルカムスペース作りは、最近ではどんどん凝ったものになっています。でも結局、ゲストが反応するアイテムNo1は「写真展示」です。受付に展示された写真を、ゲストみんなが笑顔で見ている光景は定番です。前撮りをして当日展示すれば、それだけでウェルカムスペース作りはほぼOK!です。

 

写真の価値は時間と共に上がります

写真の価値は、時間の経過と共にどんどん上がります。過去を懐かしく思い返すときに「こんなことあったなぁ」と感動するのには、一定の時間経過が必要です。
 
例えて言うなら「記念写真」は、飲み物で言えば「長期熟成型のワイン」です。時間の経過と共に味わいが深くなります。普段SNSなどでアップしている写真は「炭酸飲料」みたいなもので、栓を開けたら早めに飲まないと(アップしないと)いけません。それをその場・その瞬間に楽しむものです。
 
普段の写真と記念写真は、意味合いが違うので、悔いが残らないように、しっかりと思い出作りをしましょう!