2020年01月27日

結婚式の装花で大人気のパンパスグラス

ヴィラドナチュールのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

会場のコーディネートも、素敵な結婚式にするために重要なポイントのひとつですよね。

 

ヴィラドナチュールでは専属のフローリストがいて、新郎新婦の好きな色や花、イメージを伺いながら、おふたりらしいオリジナルの結婚式になるようコーディネートさせていただいています。

 

また結婚式のお花にも流行があるので、その時の人気のテイストや季節感のある花なども提案しながら決めていくのですが、今大人気のものといえば「パンパスグラス」ではないでしょうか。

 

存在感があることと、ベージュっぽい色が、これも今大人気のドライフラワーやプロテアなどのワイルドフラワーと相性がいいことから、一気に人気が高まった感じですね。

 

 

パンパスグラスは年中入荷できるわけではなく、入荷時期は晩夏から秋の8月から10月頃までと割と短いです。

 

パンパスグラスを取り入れたい!というプレ花嫁さんは、結婚式の時期も考えながらコーディネートをイメージするといいですよ。

 

でもパンパスグラスは生花で仕入れてそのままドライにすることができるので、ドライであれば年中使うことができます。

 

ヴィラドナチュールでも昨秋にパンパスグラスをしっかり仕入れて、ドライにした状態でコーディネートのご提案をしています。

 

会場コーディネートのイメージがしやすいように、今はパンパスグラスを使った装花の展示も行っています。

 

気になる方はぜひヴィラドナチュールに足を運んでみてくださいね。